Top Page > インデックスファンド > インデックスe(旧CMAM) > CMAM日本株式インデックスeのeMAXIS、STAMとの騰落率比較

CMAM日本株式インデックスeのeMAXIS、STAMとの騰落率比較

電卓と眼鏡と分析シート
Tax Return and Calculator / Images_of_Money



各資産クラス毎の実質コスト最安インデックスファンドまとめ にて CMAM日本株式インデックスe が日本株式インデックスとして最安コストであることをお伝えしました。

ただ、CMAM日本株式インデックスeが、eMAXIS TOPIXインデックスSTAM TOPIXインデックス より過去1年の成績が悪いと聞き、実際の騰落率を調べてみました。


CMAM、eMAXIS、STAMインデックス騰落率比較(日本株式)

一番最近設定されたCMAM日本株式インデックスe設定日の2010年4月6日以降の基準価額の推移です。
各時期(行)毎の最良の成績の箇所に色をつけています。

 CMAM  eMAXIS   STAM 
  基準価額騰落率  基準価額 騰落率 基準価額 騰落率
10/04/06 (CMAM設定来) 10000-13.35% 11162  -14.45%7253 -14.54% 
 10/06/25 (1年前) 8941-3.185% 9764 -2.251% 6343 -2.339% 
 10/07/06 8743-0.900% 9545 0.041% 6201 -0.048% 
 10/10/06 8769-1.200% 9585 -0.377% 6228 -0.484% 
 11/01/06 9595-10.73% 10493 -9.885% 6817 -9.987% 
 11/04/06 8739-0.854% 9628 -0.827% 6249 -0.822% 
 11/06/24 86659549 6198 


1年前の騰落率は、eMAXISとSTAMが約-2.3%前後に対し、CMAMは、-3.185%とたしかに悪いです。
しかし、約15カ月前からのCMAM設定来では、逆に、CMAMが1%以上eMAXISやSTAMを上回り一番良いです。



まとめ

どこから運用を評価するか基準を2カ月ずらすだけで、評価が正反対になるのが難しいところです。

CMAM日本株式インデックスeは、TOPIX配当込みに連動をめざしている一方、eMAXISとSTAM TOPIXインデックスは、TOPIXに連動をめざしてる違いはありますが、3ファンドとも分配金を吐き出していないためこの違いはよくわかっていません。

現在は、日本株式クラスとしてCMAM日本株式インデックスeを利用していますが、この変動は気になります。
今後も騰落率をチェックしていきます。



関連記事

 CMAMインデックスeはもっともっと評価されるべき
 CMAMインデックスはもっと評価されるべき
 低コストインデックスファンドCMAMシリーズが今月から購入可能に

 [2012.03.10追記]
 CMAMインデックスe 全4ファンド実質コストまとめ (2012年3月版)

 [2013.02.24追記]
 TOPIX連動インデックスファンドの実質コストと実績リターン比較
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : CMAM日本株式インデックスe

⇒comment

Secret

No title

CMAMはブレが大きいってことなんですかね?
何によるものなのか気になったりはするのですが、
1年や2年って、どうも短期的な気もして...どの程度の感覚で反応すべきなのか?
と思ったりしています。

ただ、要チェックではありますね。

No title

私の憶測ですが、CMAMは運用が下手で、指数との連動性が甘いことが原因です。
連動の甘さは、ほぼ間違いなくキャッシュ要因が主因です。
eMAXISとSTAMがほぼ同じ騰落率ですが、これが正しいインデックスファンドのパフォーマンスだと思います。

「設定来騰落率が一番いい」のではなく、運用が下手で、指数と同様には基準価額が下がらなかったのでしょう。

>PETさん
まだ期間が短いので評価が難しいですが要チェックですね。

>Kapokさん
かも知れませんが、運用報告書を見てもわかりませんでした。
期間が短いのでよくわからない面もあるそう思われた具体的な情報がもしありましたら教えてください。

No title

kenzさん、

>> かも知れませんが、運用報告書を見てもわかりませんでした。
>> 期間が短いのでよくわからない面もあるそう思われた具体的な情報がもしありましたら教えてください。

運用報告書を見てそう思いました。
↓貼っておきます。
http://www.cmam.co.jp/fund/report/report00886.pdf

キャッシュはpdfのページ番号で2枚目、株式組入れ比率・先物比率から計算できます。
キャッシュポジションが乱高下している様子が見て取れます。

>Kapokさん
情報ありがとうございます。
拝見させていただきます。

だいぶ遅いコメントですが

CMAMのトラッキングエラーはファンド創設期によくある現象かと思います。ファンドが立ち上がった時点では資産規模が小さく、現金比率が多くなりがちですのでトラッキングエラーが大きくなりがちです。
その時期に相場が下がればインデックスを上回る成績になりがちで、その時期に相場が上がればインデックスを下回るの成績になります。

CMAM日本株式の場合は以下のような流れではないでしょうか。
・4月から6月は下落相場だったのでリターンが良かった。
・その後は2010年8月を底に上昇相場となったので、リターンは悪い。
・2011年3月には地震で大きく下落したので、2011年1月→4月でリターンは良くなった。


・・・とどこかで同じようなことを書いたかと思いましたが、↓でした^^;
http://otsu.seesaa.net/article/196213057.html

>吊られた男さん
コメントありがとうございます。同じ意見です。
やはり設定間もないファンドはどうしてもこの問題はありそうですね。
ファンド評価はある程度期間を長めに見ないと正確な判断が難しいですね。
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのケンズ (kenz)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・【完全ガイドシリーズ255】投資信託完全ガイド
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 夏号
・ダイヤモンド・ザイ 2019年7月号
・ほったらかし投資完全ガイド 最新版
・ITmedia 個人投資家列伝
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 冬号
・株&投資信託大全
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較