Top Page > キャンペーン > SBI証券 > SBI証券 投信積立キャンペーンはeMAXISインデックスで決まり

SBI証券 投信積立キャンペーンはeMAXISインデックスで決まり


Christmas presents under the tree / alancleaver_2000


eMAXISインデックスファンドシリーズ または ネット証券専用ファンドシリーズ 日本応援株ファンドの積立金額に応じて最大1000ポイントのSBIポイント(換金可能)が貰えるキャンペーンSBI証券 で開催されます。

手間もかからないおいしいキャンペーンなので紹介します。



SBI証券 SBIポイントが貰える投信積立キャンペーン

キャンペーン期間中に、eMAXISシリーズもしくは日本応援株ファンドの新規積立、積立増額を行っていただいたお客様に、もれなくSBIポイントをプレゼントいたします。



キャンペーン内容

 SBIポイントが貰える投信積立キャンペーン

積立対象期間12月21日~1月20日に、1月21日~2月20が約定対象期間となるように積立設定する必要があります。
eMAXISシリーズもしくは日本応援株ファンドの買付が行われると、積立設定額に応じて以下のSBIポイントが貰えます。

約定合計金額
1,000円以上~4,999円・・・・・・50ポイント
5,000円以上~9,999円・・・100ポイント
10,000円以上~29,999円・・・300ポイント
30,000円以上~49,999円・・・500ポイント
50,000円以上・・・・・・・・・・・・1,000ポイント






キャンペーン攻略方針

コストの高い日本応援株ファンドは無視して、低コストのeMAXISインデックスファンドを購入の一択です。

積立対象期間終了前の1月20日の少し前に、状況に応じていつも購入している、eMAXISインデックスファンドを5万円設定するか、いつもの通り一番値動きの少ない eMAXIS国内債券インデックス で良いでしょう。

私も5万円分を積立購入し確実に1000ポイントをゲットします。
おいしいキャンペーンなので、現在開催中の 楽天証券 冬の積立投資キャンペーンがまたまたおいしい件と同様逃さないようにしましょう。

関連記事

 STAM、eMAXIS、CMAM、Funds-i 実質コスト比較表 (2011年11月更新版)




SBIポイントとは

 SBIポイント は1000ポイントを住信SBIネット銀行口座へ850円で換金できます。

保有ファンドが1000万円以下の残高の場合は年0.1%、1000万以上場合年0.2%のSBIポイントが付き、現金に換金可能です。
マネックス証券や楽天証券も同様のポイント還元がありますが、それよりも有利なキャッシュバックです)

そのため信託報酬の一部が還元されることで信託報酬のコスト低減になると考えSBI証券をメイン証券としています。(保有額が少なくても0.1%×0.85= 0.085%の信託報酬が下がったことと同等)

関連記事

 資産配分(11/28)


SBI証券は以下より資料請求・口座開設できます。
 SBI証券



関連記事

 [2012.01.19追記]
 SBI証券投信積立キャンペーンにeMAXIS国内債券インデックスを積立

 [2012.01.30追記] STAMインデックスファンド積立キャンペーンが始まりました。
 SBI証券 またもおいしい投信積立キャンペーン(今度はSTAMインデックス)

 [2012.03.04追記] 楽天証券でも同様にeMAXISインデックスファンド積立キャンペーンが始まりました。
 楽天証券 定番の投信積立キャンペーン (今回はeMAXISインデックス)

 [2012.04.09追記] SBI証券で再び同様のキャンペーンを実施中です。
 SBI証券 1000円分のポイントがもらえるeMAXIS投信積立キャンペーン

 [2012.10.03追記]
 SBI証券 千円分のポイントが貰えるSMT投信積立キャンペーン

 [2012.12.03追記] SBI証券で新たに投信積立キャンペーンが始まりました。
 SBI証券 eMAXIS積立で千円分のポイントが貰えるキャンペーン

 [2013.02.07追記]
 SBI証券 定番のSMTインデックス投信積立キャンペーンスタート
関連記事



【theme : 資産運用
【genre : 株式・投資・マネー

tag : eMAXISインデックスシリーズ 投信積立キャンペーン

⇒comment

Secret

No title

SBI証券のじぶん年金のキャンペーンばかりに気をとられていました(汗)

楽天証券に対抗?してSBI証券でも実施してくれましたね。

ありがたいです。

sbiポイントの使い道が分かった!

kenzさん。

一瞬、楽天かと思い、SBIなのでなーーんだと思っていました。
途中まで読んで、sbiポイントって何か使い道があるんですか?って聞くところでした。

そうでしたか。850円分得するキャンペーンってわけなのですね。

>信託報酬のコスト低減
これは、鋭いご指摘ですね。さっそく、SBIの積立に変更します。本当は、sbiは特定口座計算書?を
出ししぶるのと、北尾社長が嫌いなので、メインにはしたくないのですが。

No title

ご質問なのですが、本キャンペーンは初回約定後すぐに積立設定を解除しても問題ないのでしょうか?

例えば、毎月21日に積立てる設定をし、1月21日に約定後、キャンペーン終了の2月21日前に設定を解除してもキャンペーン対象になるのでしょうか?
(楽天証券の時も教えていただけると助かります)

 

>ティットさん
SBI証券でも同じようなキャンペーンをやってくれるのはおいしいですね。
eMAXISインデックスの全ファンドが選べるのも良心的です。

>osaさん
同じファンドの保有であればSBI証券が一番有利です。長期になるほど効いてきますので、気に入らなくても良いところだけうまく利用すれば良いかと。

>ご質問さん
過去の楽天証券のキャンペーンの場合は、約定後にすぐ設定解除してもポイントは貰えています。
SBI証券は始めてですが、特に注意書きはないので特に問題ないはずです。
気になる場合、一番正確にはSBI証券に問い合わせされるのが確実かと思います。

No title

キャンペーンネタや定期預金ネタの記事はいつも重宝させてもらってます。
いつもありがとうございます(^^)

今年もお世話になりました。
良いお年をお迎えください!

>虫とり小僧さん
お役にたてましたらなによりうれしいです。
こちらこそお世話になりました。また飲みましょう。

⇒trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

知らない間に「SBIポイント」なるものが貯まっていました

SBIポイントとは: 保有ファンドが1000万円以下の残高の場合は年0.1%、1000万以上場合年0.2%のSBIポイントが付き、現金に換金可能です。そのため信託報酬の一部が還元されることで信託報酬のコスト低減になる...
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのケンズ (kenz)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・【完全ガイドシリーズ255】投資信託完全ガイド
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 夏号
・ダイヤモンド・ザイ 2019年7月号
・ほったらかし投資完全ガイド 最新版
・ITmedia 個人投資家列伝
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 冬号
・株&投資信託大全
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較