2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

第4回インデックス投資ナイト なぜ投資するのか

第4回インデックス投資ナイト入口

前記事 第4回インデックス投資ナイト Fund of the Year 2011はCMAM外国株式インデックスeが受賞 の続きです。



第4回インデックス投資ナイト 構成

  1. 「投信ブロガーが選ぶ Fund of the Year 2011」授賞式

  2. 第1部座談会 「みんなで考えよう、なぜ(インデックス)投資するのか?」

  3. 第2部座談会 「インデックスファンドvs 国内ETF vs 海外ETF」


「投信ブロガーが選ぶ Fund of the Year 2011」授賞式に続き、
第1部座談会 「みんなで考えよう、なぜ(インデックス)投資するのか?」が行われました。



2. 第1部座談会 「みんなで考えよう、なぜ(インデックス)投資するのか?」

出演者: 岡本和久さん、島田知保さん、花輪陽子さん、内藤忍さん


なぜ(インデックス)投資するのか?

「なぜ投資するのか?」という質問に対して、会場の皆さんにも意見を聞く形でスタートしました。

「経済の勉強のため」、「老後資金に困りたくないため」、「社畜としていざという時に自分の意見が言えるようになるため」などの意見が出る中、パネラーの皆さんは以下のご意見でした。

岡本さん:「購買力の維持のため。運用によりできるだけ資産の目減りを遅くすることが目的」
     「4資産均等配分を行っている。今はリスクを取らないとやっていけない」

島田さん:「昔から投資をしており、現在も行う必要を感じているため」
     「大事なことは続けるということ」

花輪さん:「以前は預貯金だけでも良い時代だったが、今はリスクを取らないと資金が不足するため」
     「資産変動に過度に気を取られることなく、本業の稼ぎも今は大きく変動すると思えば、
      それほど資産の変動に気を取られることもなくなる」

内藤さん:「やりたいことの自由を広げるため。お金を時間のバランスが重要」


私の場合、投資の目的は、「本業だけのみの集中投資は不安のため、資産を増やすために(時間も限られた中)最少リスクで真っ当なリターンが欲しいため」です。



インデックスファンドに投資しているからといって「全体に投資しているわけではない?

内藤さんより、「インデックスファンドに投資しているからといって「全体に投資しているわけではないことに注意すべき」」とのコメントがありました。

たしかに、日経225インデックスファンドに投資している場合は、TOPIX連動インデックスファンドに比べて日本株式全体への網羅度は低いです。(当然東証一部以外の株式は入っていません)

 参考: 
  意外と知らないTOPIXと日経平均の違い


ただ、TOPIXやMSCI-KOKUSAI等の指数が浮動株時価総額比率や含まれていない小型株もあるからといって、世界全体に投資していないと気にする必要はありません。

小型株式へ投資する適切なインデックスファンドが商品として存在していなかったり、コストが高かったり、流動性が低いものもたくさんあります。

 参考: 
  小型株インデックス
  東証マザーズ15銘柄で構成されるマザーズ・コアETF (1563)が上場へ
  JASDAQ-TOP20上場投信 構成銘柄比率



あまり網羅率にこだわるとかえってコストがかかるので、投資リターンにマイナスの影響がでます。
地球上の資本全体に投資することが国際分散投資の目的ですが、ある程度おおざっぱで良いと考えます。


次記事 第4回インデックス投資ナイト 最適なインデックス投資ツールとは に続きます。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

2Comments

There are no comments yet.

タカちゃん

なぜ(インデックス)投資をするのか?

僕の発言内容は以下の通りです。
人間が生きていくためにはリスクを乗り越えていかなくてはなりません。
長生きするリスク、病気になるリスク、地震災害リスク、火山現象リスク、気象災害リスク・・・
日本の社会保障はスェーデンに比べて脆弱です、だから自分の身は自分で守るしかありません。
だから投資しています。

気象災害リスクと言うと?の人がいますが、去年台風12号が遅いスピードで四国の南で、北上し、紀伊半島では5日間の降雨量が2000ミリを超え、過去最大級の経済的被害を出した所が出ています。
実際に、土砂崩れで家が倒壊したところもあるそうです。
そんなリスクと戦うのは生活防衛資金は絶対必要で、それとは別に資産を増やしておく必要があります。
社会保障についても、日本は働いていると言う理由で貧困を救済しようとしません。
そんな国だからこそ、自分の身は自分で守る事が必要と考えています。
しかも、長生きするリスクについてはスウェーデンのように持続可能性を前提とした年金制度を日本では確立していません、今の日本ではデフレだとマクロスライドがされないからです。
重要な事は、潤沢な年金ではなくて、持続可能な年金制度にする事が誰からも安心される制度になります。
年金についても支給開始年齢を引き上げるのではなくて、マクロスライドで対応し、65歳から貰える年金が足りない人は投資や401Kや国民年金基金で対応すれば良いだけです。
なぜ、(インデックスに)投資するのか?はリスクに対応する為と言うのが僕の回答です。

kenz

>タカちゃんさん
各種のリスクに対応するためにも投資は重要ですね。