Top Page > インデックスファンド > SMT(旧STAM) > STAMインデックスシリーズ 2回目の信託報酬引下げ

STAMインデックスシリーズ 2回目の信託報酬引下げ

STAMインデックスシリーズの信託報酬引下げプレスリリース

STAMインデックスシリーズの信託報酬が、4/20より引下げられます。

これは、信託報酬引下げへ(STAMシリーズ+世界経済インデックスの計9ファンド) に続いて2回目です。 



住信アセットマネジメント プレスリリース

STAMインデックスシリーズ ファンド名変更 (4/1~)

「住信アセットマネジメント株式会社と中央三井アセットマネジメント株式会社の合併に伴うファンド名称等の変更について」を掲載いたしました。 (PDF)

4/1より、STAM(スタム)がSMT(スマート)に名称変更されます。



STAMインデックスシリーズ 信託報酬引下げ (4/20~)

「STAM インデックスシリーズ」の各ファンド、「ネット証券専用ファンドシリーズ アジア新興国株式インデックス」および「世界経済インデックスファンド」の信託報酬率引下げについて (PDF)

「STAM インデックスシリーズ」の各ファンド、「ネット証券専用ファンドシリーズアジア新興国株式インデックス」および「世界経済インデックスファンド」につきまして、平成24年4月20日より下表の通り信託報酬率を引下げさせていただく予定です。






STAMインデックスシリーズ 引下げ後の信託報酬まとめ

ファンド名変更と、信託報酬引下げについて以下にまとめました。

 ファンド
(4/1よりSTAMからSMTに変更)
 現信託報酬4/20以降の
信託報酬
備考 
 SMT 日経225インデックス 0.42% 0.3885%TOPIXと同一 
 SMT TOPIXインデックス 0.4725% 0.3885%CMAMと同一 
 SMT 国内債券インデックス 0.42% 0.3885%CMAMと同一 
 SMT グローバル株式インデックス  0.63%0.525%CMAMと同一 
 SMT グローバル債券インデックス0.5775%0.525%CMAMと同一 
 SMT 新興国株式インデックス0.6825%0.63%eMAXISと同一 
 SMT 新興国債券インデックス0.63%0.63%変化なし 
 SMT J-REITインデックス0.525%0.42%eMAXISと同一 
 SMT グローバルREITインデックス0.6825%0.5775%Funds-iと同一 
 アジア新興国株式インデックス0.6825%0.63% 
 世界経済インデックスファンド0.63%0.525% 





所感

Good Job!
Good Job Smiley Face Inspirational Quotes Qiqi Emma January 18, 20105 / stevendepolo


STAMインデックスが全資産クラスに渡って、ライバルであるeMAXIS、CMAM、Funds-iインデックスの中で最も低コストの信託報酬に合わせてきました。

なお、新興国株式と新興国債券クラスだけは、先日信託報酬を引き下げた年金積立インデックスシリーズよりは信託報酬は高いです。

関連記事

 年金積立インデックスファンド海外新興国株式が信託報酬を大幅に引下げ
 年金積立インデックスファンド海外新興国債券も信託報酬を最安に引下げ 



住信アセットマネジメント株式会社(STAM)と中央三井アセットマネジメント株式会社(CMAM)が来月合併するためCMAMインデックスファンドシリーズと同一の信託報酬に引下げるだけでなく、eMAXISインデックスやFunds-iインデックスに負けないような低コストにしてきたのは驚きです。

STAMインデックスシリーズ(来月よりSMTインデックスシリーズ)のやる気を感じさせます。

実際のファンド選択では、実質コストによる比較や、トラッキングエラーが小さいことやリターンが重要ですが、信託報酬はリターンを削る固定された数値ですので、当然今後のSTAMインデックスシリーズのリターン向上が期待できます。

私もSTAMグローバル株式インデックスやSTAM新興国株式インデックスをまとまった額を保有しており、今回のニュースは大変うれしいです。

今後もファンド間での競争に期待しています。

関連記事

 STAMインデックスファンドシリーズ(2011年11月決算) 実質コスト
 STAM、eMAXIS、CMAM、Funds-i 実質コスト比較表 (2011年11月更新版)

 [2012.03.25追記] 各インデックスファンドの実質コスト比較表まとめを更新しました。
 STAM、eMAXIS、CMAM、Funds-i 実質コスト比較 (2012年3月更新)

 [2012.04.01追記]
 STAMインデックスとCMAMインデックスファンドの名称変更

 [2012.06.09追記]
 SMTインデックスファンドシリーズ(2012年5月決算) 実質コスト(信託報酬+その他費用) 

 [2012.06.10追記]
 SMT、eMAXIS、CMAM、Funds-i インデックスファンド実質コスト比較 (2012年6月更新)

 [2012.12.10追記] SMTインデックスシリーズの第5期運用報告書がUPされましたので、実質コスト情報を更新しました。
 SMTインデックスシリーズ(第5期2012年11月決算) 実質コスト

 [2012.12.11追記]
 低コストインデックスファンド6種の実質コスト比較 (2012年12月)



【今月のpick up】
 SBI証券

 私がメイン証券としているSBI証券でも最大1000ポイントのSBIポイント(換金可能)が貰えるキャンペーンが行われています。
 SBIポイントは、0.85%で換金できる他、等価でSuicaポイントに交換(1000ポイントを1000円)できます。
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : STAMインデックスシリーズ SMTインデックス 信託報酬

⇒comment

Secret

プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのケンズ (kenz)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・【完全ガイドシリーズ255】投資信託完全ガイド
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 夏号
・ダイヤモンド・ザイ 2019年7月号
・ほったらかし投資完全ガイド 最新版
・ITmedia 個人投資家列伝
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 冬号
・株&投資信託大全
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較