Top Page > インデックスファンド > SMT(旧STAM) > STAMグローバルREITインデックスの実質コスト

STAMグローバルREITインデックスの実質コスト

トータルコスト
Know the Total Cost of the Move Before You Jump (235/365) / trenttsd


先日、STAMインデックスシリーズの運用報告書が発行されました。
(STAM新興国株式インデックス、STAM新興国債券インデックスを除く)

この中で、STAMグローバルREITインデックスの実質コストが突出して高くなっています。


既にじゅん@さんや吊られた男さんが、運用報告書から算出した実質コスト(信託報酬+その他コスト)をまとめられています。

関連エントリ

 まとめ・STAMインデックスシリーズ第3期決算 | 投信で手堅くlay-up!
 STAMシリーズ 実質コスト調べ | 吊られた男の投資ブログ(一般人の投資生活) 



STAMグローバルREITインデックスの実質コストは年2%超

私は低コストのSTAMインデックスシリーズを各資産クラスの中核として、以下を保有しています。



ほとんどのものが実質コストは低く抑えられており、おおむね満足できます。

ただし、問題なのがSTAMグローバルREITインデックスの実質コストの高さです。
信託報酬0.861%に対し、実質コストは2倍以上の2.057% となっています。

結果としてアクティブファンドも真っ青の高コストインデックスファンドとなっています。




おわりに

世界REITクラスへの投資はこれだけの高めのコストがかかってしまうものなのか、ファンドの資産総額が少ないため実質コストが高くなるのかよくわかりませんが、3期続けて同様の高コスト体質です。

現在 STAMグローバルREITインデックスは少額しか持っていませんが、長期のバイアンドホールドには年2%のコスト負担はきついです。
今後も継続して買いつけるファンドとして適切かどうか、STAMグローバルREITインデックスの実質コストはチェックしていきます。


関連記事

 [2010.11.27追記]
 現在は、より実質コストの低い eMAXIS先進国リートインデックス を購入しています。

 また信託報酬0.5775%の野村インデックスファンド・外国REITが11月26日より発売されました。

 野村インデックスファンドFunds-i ノーロードで販売開始


 [2010.12.22追記]
 新しい運用報告書が発行され、実質コストが年0.96%と大幅に低下しました。
 STAMグローバルREITインデックス 実質コスト低下

 海外REITインデックス 国別構成比(1月末)

 [2011.06.19追記]
 STAMインデックスファンドシリーズ(2011年5月決算) 実質コスト

 [2012.06.09追記]
 SMTインデックスファンドシリーズ(2012年5月決算) 実質コスト(信託報酬+その他費用) 

 [2013.01.26追記]
 SMTグローバルREITインデックスの実質コストは0.75%まで下がりました。
 SMTインデックスシリーズ(第5期2012年11月決算) 実質コスト

 SMT、eMAXISインデックス等6シリーズ実質コスト比較 (13年1月) 

 海外REITの(信託報酬以外の)保管費用が高くなるのは、株式と異なり指数先物に相当するものがリートには存在しないため効率が悪くなるということもあります。
 三菱UFJ投信 eMAXIS第4回ブロガーミーティングに参加 その2
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : STAMグローバルREITインデックス 隠れコスト eMAXIS先進国リートインデックス

⇒comment

Secret

ちょっと高いですよね

グローバルREITはアクセスしにくいアセットなのかもしれませんが、それでも年2%は高いですよね。コスト抜きの期待リターンもせいぜい数%ということを考えると、まだまだ投資するには厳しいようにも思います。

Re: ちょっと高いですよね

>吊られた男さん
コメントありがとうございます。おっしゃる通り年2%のコストは私の考える許容範囲をこえています。グローバル株式は低コストなので特段、グローバルREITの売買コストがかかるとは思えないのですが、結構仕組みが謎です。
なかなか分散投資に適した低コストのアセットクラスが少ないですね。。国内外の株式債券4クラス以外にもいろいろ持っておきたいとはいつも思っているのですが。。

⇒trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

STAMシリーズ 実質コスト調べ

人気インデックスファンドシリーズ『STAMシリーズ』の決算が5月にあり、新興国株式・新興国債券の2つを除いた6ファンドの運用報告書がアップされています。 ※各ファンドの住信AMの運用報告書 STAM TOPIXインデックス・オープン STAM グローバル株式インデックス・オ...
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのケンズ (kenz)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・【完全ガイドシリーズ255】投資信託完全ガイド
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 夏号
・ダイヤモンド・ザイ 2019年7月号
・ほったらかし投資完全ガイド 最新版
・ITmedia 個人投資家列伝
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 冬号
・株&投資信託大全
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較