2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

SMT、eMAXIS、CMAM、Funds-i インデックスファンド実質コスト比較 (2012年6月更新)

円グラフと各種チャート
Image(s): FreeDigitalPhotos.net


SMTインデックスファンドシリーズ(旧STAM)の最新の運用報告書から、昨日記事 SMTインデックスファンドシリーズ(2012年5月決算) 実質コスト(信託報酬+その他費用) にてSMTインデックスファンドの実質コストを確認しました。

合わせて STAM、eMAXIS、CMAM、Funds-i 実質コスト比較 (2012年3月更新) の実質コスト比較表も更新します。



SMT、eAMXIS、CMAM,Funds-i 実質コスト比較 (2012年6月版)

色を付けた箇所が最安コストです。

SMTインデックスファンドについては、4/19までの信託報酬で計算した実質コストと、引下げられた現信託報酬で計算したコスト(予測値)を両方記載しています。

 資産クラス  実質コスト(%)  備考
 SMT (実績/予測) eMAXISCMAMFunds-i
 日経225 0.42% / 0.39% 0.43% -0.42% ニッセイ日経225(0.27%)
が最安 
 TOPIX 0.47% / 0.39% 0.42% 0.39%0.42% CMAMが低いがETFお勧め 
 日本債券 0.42% / 0.39% 0.42% 0.40%0.42% CMAMが最安
 先進国株式  0.70% / 0.59% 0.67% 0.59%0.63% リターンもCMAMが最良
 先進国債券 0.61% / 0.55% 0.64% 0.56%0.59% CMAMが最安
 新興国株式 1.05% / 0.97% 1.00% -1.13%  リターンもeMAXISが最良
 新興国債券 1.34% / 1.34% 0.89% -0.79%  SMTが異常にコスト高
 新興国債券(ヘッジ有) - - -0.66%  為替ヘッジ有でこの低コスト
 日本REIT 0.57% / 0.45%0.42% -0.42%  eMAXISでOK
 先進国REIT 0.88% / 0.74% 0.72% -0.65%  Funds-iが低コスト
 全世界株式 - 0.74% - - 先進国+新興国株式の方が安い
 8資産均等型 - 0.66% - - バランスファンド
 波乗り型 - 0.61% - - バランスファンド


関連記事

 [2012.11.06追記] Funds-iシリーズの実質コストを更新しました。
 野村インデックスファンドFunds-i 全10ファンドの実質コスト更新





まとめ

SMTインデックスファンドが全資産クラスにて信託報酬を他のインデックスファンドシリーズと同等まで引き下げており、今後の実質コストの低下に期待が持てます。

関連記事

 STAMインデックスシリーズ 2回目の信託報酬引下げ



実質コストの低さだけでみると、日本、先進国の株式・債券の基本4資産クラスは、CMAMインデックスファンド、新興国株式はeMAXIS新興国株式インデックスの選択になります。

ただ、新興国株式は信託報酬自体は、年金積立インデックスファンド海外新興国株式 が0.5775%と一番低いです。今後のリターン比較によっては、有力な選択肢となる可能性があります。


また、先進国REITは、株式、債券と異なり指数先物が存在しないことから、実質コストが高くなりがちですが、ようやく全シリーズとも0.8%台以下になってきました。
私もリスク資産の数%だけ保有していますが、コストは許容できる範囲になってきたと感じます。

関連記事(先進国REITの保管費用が高くなる理由)

 三菱UFJ投信 eMAXIS第4回ブロガーミーティングに参加 その2




おわりに

インデックスファンドのリターンは、コストだけで決まるものではなく、銘柄選択差等にも影響を受けますが、
やはりコストの低いファンドはリターンもその分良い可能性が高いです。

資産額の増加と共に、すこしづつコストは下がってきており、投資家としてはうれしい限りです。
今後も互いに競争してもらうことで、さらなる低コスト化に期待しています。

今後も実質コストについては、各ファンドの運用報告書が発行され次第、更新していきます。


関連記事

 [2012.09.23追記]
 投資信託購入はSBI証券が1番 証券会社のポイント還元比較

 [2012.11.10追記] 実質コスト情報を更新しました。
 低コストインデックスファンド6種の実質コスト比較 (2012年11月)

 [2012.12.11追記]
 低コストインデックスファンド6種の実質コスト比較 (2012年12月)

 [2013.01.19追記] 実質コスト比較表を更新しました。
 SMT、eMAXISインデックス等6シリーズ実質コスト比較 (13年1月)

 [2013.03.13追記] 実質コスト比較表を最新情報に更新しました。
 SMT、eMAXIS、eシリーズ、Funds-i、年金積立等実質コスト比較

 [2013.06.12追記]
 低コストインデックスファンド6種の実質コスト比較 (2013年6月)

 [2013.11.09追記] 実質コスト一覧表を更新しました。
 低コストインデックスファンド6種の実質コスト比較 (2013年11月)

 [2013.12.14追記]
 低コストインデックスファンド6種の実質コスト比較 (2013年12月)

 [2014.01.19追記] 年金積立インデックスシリーズの実質コストを更新しました。
 低コストインデックスファンド6種の実質コスト比較 (2014年1月)

 [2014.03.07追記]
 低コストインデックスファンド6種の実質コスト比較 (2014年3月)

 [2014.06.08追記]
 低コストインデックスファンドの実質コスト完全比較 (2014年6月)

 [2014.12.28追記]
 低コストインデックスファンドの実質コスト完全比較 (2014年12月)
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

2Comments

There are no comments yet.

田中恵子

No title

kenzs様

はじめまして、インディクス投資をしている者です。eMAXISの新興国株式も積立をしているので
今回の記事を拝見して、ホットしました。ありがとうございます。

最近、楽天証券で金積立ができるようになってます。積立で1000円から ただ手数料が投資信託に比べると高いです。kenzs様の意見をお聞きする事が出来ますか?

kenz

>田中恵子さん
楽天証券の純金積立については以下記事をご覧ください。

楽天証券 純金積立で最大1000ポイントもらえるキャンペーン。値動きやコストも大きくお勧めできません
http://longinv.blog103.fc2.com/blog-entry-762.html