Top Page > 指数 > 先進国株式 > 韓国と台湾が新興国市場に据え置き | 先進国株式インデックス国別構成比(2012年5月)

韓国と台湾が新興国市場に据え置き | 先進国株式インデックス国別構成比(2012年5月)

韓国
South Korea / elTrekero


MSCIが韓国と台湾を新興国市場に据え置き、先進国市場への格上げを見送りました。


韓国と台湾を新興国市場で維持

 ロイター記事 MSCI、韓国と台湾を「新興国市場」で維持

MSCIは20日、韓国と台湾の市場分類を「新興国市場」で維持した。「先進国市場」への格上げは見送った。
カタールとアラブ首長国連邦(UAE)についても「フロンティア市場」で維持した。

MSCIはまた、ギリシャの株式指数について、「先進国市場」の規模に関する基準に合致しておらず、「新興国市場」に格下げする可能性があるとした。
MSCIは、同国に関して一般の意見を募るプロセスを開始する可能性もあり、ギリシャがユーロ圏を離脱し、資本規制などが導入された場合、「スタンドアロン市場」への格下げ方向に進む可能性がある。




MSCI-KOKUSAIインデックス国別構成比(2012年5月10日時点)

結果的に、先進国株式インデックス(MSCI-KOKUSAIインデックス)の構成国に変化はありません。

2012年5月時点の国別構成比率を確認します。
(by SMTグローバル株式インデックス・オープン 運用報告書 (PDF))


MSCI-KOKUSAIインデックス国別構成比(2012年5月10日時点)




ギリシャの格下げの危機

韓国と台湾は6月が来ると、先進国株式への格上げ可能性が取り上げられますが今年も変化はありませんでした。
それよりも、ギリシャの先進国株式から新興国株式への格下げの可能性どころか、スタンドアロンとなる可能性があります。

個人的には、韓国の新興国株式市場への据え置きは妥当と考えています。

ギリシャはもう先進国株式インデックスに占める比率が0.1%未満なので、ほとんど影響がなくなっています。
新興国株式市場に入ってきても迷惑なので、そのままスタンドアローンとなってほしいところです。




おわりに

指数(インデックス)は、時間と共に自動的に変化するところが面白いところです。

インデックス投資の主力資産クラスである先進国株式インデックス(MSCI-KOKUSAIインデックス)の構成比率の変化については今後も継続して確認していきます。


関連記事

 先進国株式インデックス 国別構成比(2010年12月末)
 新興国株式を組み入れる意味 | 新興国株式インデックス国別構成比(2011年12月末)

 [2012.06.23追記]
 フロンティアマーケットインデックス構成国比率(2011年12月末)

 [2013.06.23追記]
 2013年11月にギリシャがMSCI-KOKUSAIインデックスから抜けます。
 MSCIが指数構成国変更へ 11月以降の各指数の構成国まとめ 

 [2013.06.24追記]
 先進国株式(MSCI-KOKUSAIインデックス)国別構成比(13年5月)

 [2014.03.20追記]
 先進国株式インデックス 国別構成比率の確認(2014年1月)

 [2014.09.20追記]
 MSCI-KOKUSAIインデックス 国別構成比率 (2014年8月)
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : MSCI-KOKUSAIインデックス 先進国株式インデックス

⇒comment

Secret

結構ROEベースでは高い

PIIGSの国の比率は低いですね。
ROEの高い米国、英国の2つだけで約70%を占めていますから、基本的には先進国株式インデックスは無難な選択肢ですね。
加重平均ROEで考えても平均的には10%を超えている筈なので、長期金利差を考えても安心感があります。
最近は日本株式市場の低迷(下落)が問題になっていますが、その為かROEが益々注目されていきそうです。

>タカちゃんさん
ROEはある程度高い方がたしかに望ましいですね。
ただ国レベルではなかなか判断は難しいです。
私としては時価総額比で概ね幅広く網羅してくれる指数であればOKと考えています。
PIIGSは株価下落でおそらく勝手に比率が下がってフェードアウトしていっているのでしょう。
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのケンズ (kenz)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・【完全ガイドシリーズ255】投資信託完全ガイド
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 夏号
・ダイヤモンド・ザイ 2019年7月号
・ほったらかし投資完全ガイド 最新版
・ITmedia 個人投資家列伝
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 冬号
・株&投資信託大全
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較