Top Page > ETF > その他ETF > VIX短期先物指数(1552)はVIX指数連動ETFではないので注意

VIX短期先物指数(1552)はVIX指数連動ETFではないので注意

Volatility Index (VIX)
Volatility / WalkingGeek


国際のETF VIX短期先物指数 (1552)は、S&P500 VIX短期先物指数(円換算値)を対象指数とするETFです。
VIX(Volatility Index)は恐怖指数とも呼ばれ、株式インデックスと逆相関の値動きを期待される方もいらっしゃると思います。

VIX短期先物指数(1552)の注意すべき点3つをまとめます。


VIX短期先物指数 (1552)

 MoneyLife  大証ETF『VIX短期先物指数』(国際投信)

詳細は上記を見ていただきたいのですが、特に重要と考える点は以下です。

1.連動指数はVIXではなく、VIX短期先物(円換算値)なので次第に減価傾向

連動指数はVIXではなく、“VIX先物価格”をベースにした指数で、VIXとは値動きがかなり異なる点だ。

問題は、指数が毎日行う部分的な限月切り替えの際に、先物特有の限月間価格差が指数値に影響を及ぼす点だ。
期先高(コンタンゴ)の場合は乗り換えコスト(ロールコスト)が発生して指数のマイナス要因になりやすく、その反対に、期先安(バックワーデーション)の場合は乗り換えプレミアムが発生し指数の押し上げ要因になりやすい。


連動指数がVIXではなく、VIX先物なので、コモディティインデックス同様にコンタンゴの影響で保有すると次第に減価する傾向があります。

コンタンゴについては 過去記事 コモディティ投信、ETFの問題点 その1 もご覧ください。



2.リンク債に投資するため、債券の発行体の信用リスクを取る

仕組み債は文字通り連動指数とほぼ同じ時価を持つような“仕組み”を有するが、債券である以上、その価格は発行体の債務返済能力を示す信用リスク(カウンター・パーティー・リスクとも呼ぶ)にも左右される。


だからコモディティファンドはお勧めできない(指数連動債がジャンク級へ) でもお伝えしたように金融危機などの不測の事態に、(VIXと無関係の発行体の)信用リスクにより取引できなくなる可能性があります。



3.実質コストは約1%と高め(信託報酬0.378%+リンク債保有コスト)

主な運用コストとなる信託報酬は年0.378%(税込み)。これに、直接的な投資対象となる仕組み債(リンク債)の保有コストとして年0.6%~0.8%程度などが加わり、実質運用コストは年1%程度。


ETFとしては約1%とかなり保有コストが高めです。




まとめ

上場時は、13200円でしたが、現在は4070円です。

カブドットコム証券にてフリーETF(購入、売却手数料無料)で1株から購入できることがメリットです。

金融危機など大変動の続発を想定しない限り、長期で値上がりを目指すという一般的な長期保有には向かない。


とあるように、長期保有には不向きなのでタイミングを見て短期で売買するという難しいETFです。

1株3000円程度であれば、購入手数料もかからずネタで購入しても面白いと思っていますが、資産運用には向かないので特性を理解の上、購入ください。


関連記事

 [2012.09.13追記]
 減価するVIX短期先物指数(1552) 年初来安値2944円を記録

 [2013.04.12追記]
 NEXT NOTES 日経平均VI先物指数 ETN(2035)が19日に上場

 [2013.05.21追記]
 楽天みらいファンド VIX先物指数組入は暴落ヘッジになるのか



Facebookでも記事更新をお知らせしています。
 インデックス投資日記@川崎 Facebookページ
関連記事



【theme : 投資信託
【genre : 株式・投資・マネー

tag : VIX短期先物指数 (1552) コンタンゴ

⇒comment

Secret

No title

こんにちわ。
ちなみにリーマンショック時のようにバックワーデーションが起きれば価格は最高値に近づくのではないでしょうか?
確かに平常時は減価し続けるのですが、上がるときは高値を更新する可能性も持っているのではないでしょうか。
素人意見で恐縮です。

>官兵衛さん
はい、おっしゃる通り金融危機等で急激に上がる場合もあります。
ただ、非常に短期でのタイミング投資を行う必要があるため、株安の保険やお守りとしてホールドする投資信託的な運用には超不向きだと思います。
(そのタイミングがつかめるのならVIX指数先物ETFに投資せず、ショートでもなんでもやって設ければ良いだけですので)

No title

なるほど~。
ありがとうございます。
長期保有・ナンピンは少しだけにして、イベント時にぐっと買うようにしたいと思います。

はじめまして。1552で検索してたどり着きました。とても詳しい記事でリスクがよーくわかりました。ありがとうございます。

一つ1552でわからない事があるのですが、みんかぶを見るとPBRの数値が表示されているのですが、これは債券の資産価値に対するものなのでしょうか?今現在1倍割れしているのですが、通常の株のように割安と考える事も可能でしょうか?

もし、ご存じなら教えていただけるとうれしいです。

>ヒデさん
どう考えても1552にPBRも何もないかと。
無理やり定義しても意味ないですよね。もともと次第に減価する性質を持っているのですから・・
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのケンズ (kenz)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・【完全ガイドシリーズ255】投資信託完全ガイド
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 夏号
・ダイヤモンド・ザイ 2019年7月号
・ほったらかし投資完全ガイド 最新版
・ITmedia 個人投資家列伝
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 冬号
・株&投資信託大全
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較