2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

住宅ローン返済せず、その資金で年3%の資産運用を勧めるFP

住宅ローン
What subprime crisis? Affordable houses are everywhere. / woodleywonderworks


京都リビングの 家計簿診断 に、住宅ローン返済に関するFPの迷回答が載っていたのでご紹介します。



相談内容

 住宅ローンの“ローン控除”適用中 有利な繰り上げ返済方法は?

  • 家族構成: 共働き 夫41才 妻41才 子供2人(10才、9才)

  • 手取: 夫25万円+妻32万円(+児童手当2万円)=約60万円

  • 住宅ローン: 月7.5万円(残1200万円)

  • 貯蓄: 2000万円

住宅ローンが、あと12年(1200万円)ほどあります。繰り上げ返済は、早くに行った方がよいのか、減税額分が少なくなるので住宅借入金等特別控除(以下ローン控除)が終わってからの方がよいのか、どちらがよいのでしょうか?





FP回答抜粋

繰り上げ返済を行った方が、11万円程度有利といえます。住宅ローンのような高額の借り入れで支払う金利の大きさが、あらためて感じられますね。


投資の配当などで3%程度の利回りが受け取れる場合には、7年間で約130万円の収入が見込めます。
繰り上げ返済に充てる690万円を運用し、ローン控除を続ける方が有利となることもあります。





借金返済にまさる運用なし

住宅ローンの繰り上げ返済を勧めている前半部分はまともな回答です。

ただ、なぜか配当利回りが3%あれば、繰り上げ返済せずに投資もありだというトンデモ回答が余計です。

配当利回りだろうと、元本含めた期待リターンが3%であろうと、投資によるリターンは保障されたものではありません。年3%であれば債券ではなく株式も運用対象にする必要があります。
大きく元本を割れる可能性があるにも関わらず、住宅ローンを返済せず運用もありと主張するのは無茶です。

資産運用の前にやることチェックリスト (4項目) でも書きましたが、借金がある場合は、先に返済するのが確実です。
投資など借金を返済してからで十分です。

借金を抱えたまま、資産運用することは、単にレバレッジをかけた運用になることに注意すべきです。


関連記事

 赤字破綻家庭にローン返済でなく死亡保険増額を勧めるFP



Facebookでも記事更新をお知らせしています。
 インデックス投資日記@川崎 Facebookページ
関連記事

COMMENTS

3Comments

There are no comments yet.

タカちゃん

酷い事例

投信の分配金といい、スワップポイントといい、安愚楽の配当といい、何か誤解をしている!
最近の事例ではあるFXサイトで「貯まったスワップ金利を再投資して、複利効果でより効率的な運用をする、というのがスワップ派の手法です。」

Xスワップ金利⇒○スワップポイント
日本語を間違って使っている、しかも、スワップポイントを再投資して複利運用なんてそれじゃぁ投信の分配金再投資と同じ?

「FX業者には、決済しないとスワップ金利を出金できないFX業者と、決済しなくてもスワップ金利のみを出金できるFX業者があります。」
「スワップ金利を毎月定期的に引き出したい、あるいはスワップ金利で生活をしていきたい!と考えている人にとっては重要になってきます。」

こんな事を言っているサイトがあります。
スワップポイントで生活できると考えているのならば、やれるものならやってみろ!って言いたいですね。

-

No title

京都リビングの 家計簿診断 に...
のところのハイパーリンクが間違えています.

http://www.kyotoliving.co.jp/article/120818/kakeibo.html

  • 2012/08/25 (Sat) 16:01
  • REPLY

kenz

>タカちゃんさん
誤解事例は多いですね。FXのスワップポイントや投信の分配金は代表的なよくある事例ですね。

>-さん
ありがとうございます。リンク修正しました。