2007年から始めたインデックス投資の記録です。投資信託やETFを使って低コストで日本、先進国、新興国株式への国際分散投資を行っています。2019年にアーリーリタイア(FIRE)しました。現在はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をメインに積立中です。

大和ネクスト銀行 楽天銀行宛の振込手数料が来月から有料に

大和証券と大和ネクスト銀行

大和ネクスト銀行は、楽天銀行宛の振込は他人名義口座振込と合わせ、現在月3回まで無料です。
10月より、楽天銀行宛ての振込は有料になります。


大和ネクスト銀行 楽天銀行宛て振込手数料改定のお知らせ

2012年9月30日(日)より、楽天銀行への振込手数料を改定いたします。

改定前: 楽天銀行への振込手数料は他人名義口座への振込扱い
     (他人名義口座へは3回/月まで無料)

改定後: 楽天銀行への振込手数料は有料(210円/回)となります。






大和ネクスト銀行

大和ネクスト銀行は、現在本人名義宛には他行含め回数制限なしで無料で振込できます。
他人名義口座宛にも、3回/月まで振込無料です(楽天銀行宛は他行名義宛扱いなので最大3回/月となります。)

来月からは、楽天銀行への振込手数料は本人、他人名義に無関係に有料となります。

大和ネクスト銀行の普通預金は年0.12%と楽天銀行や住信SBIネット銀行と並んで一番高く、大和ネクスト銀行の利用価値が高いことに変わりはありません。

関連記事

 [2012.11.03追記] 
 大和ネクスト銀行の普通預金金利が年0.10%に引下げ(11月より)

 [2013.06.09追記] 楽天銀行宛の振込手数料は再度改定され、他の銀行と同じ扱いになりました、
 大和ネクスト銀行 楽天銀行宛振込手数料有料を3日より撤廃
 




おわりに

大和ネクスト銀行だけでなく、他銀行宛て振込手数料が一定回数無料の銀行はたくさんあります。

 他銀行へ無料振込できる全14の銀行まとめ(2012年8月更新版)

サービスをうまく利用して無駄な手数料を払わないようにしましょう。


記事更新をお知らせできるRSS情報を、お使いのRSSリーダーに登録いただけるとうれしいです。
以下から簡単に登録できます。

RSS新着情報


Facebookでも記事更新をお知らせしています。
 インデックス投資日記@川崎 Facebookページ
関連記事
スポンサーサイト



COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.