Top Page > 金融機関サービス > SBI証券 > 投資信託購入はSBI証券が1番 証券会社のポイント還元比較

投資信託購入はSBI証券が1番 証券会社のポイント還元比較

証券会社のポイント還元サービス
Image: FreeDigitalPhotos.net


証券会社によっては、保有している投資信託の残高によってポイントが還元されるポイント還元サービスがあります。

今回は、SBI証券、マネックス証券、楽天証券の3社のポイント還元サービスを表にまとめました。


証券会社による投資信託残高に応じたポイント還元比較

一番条件の良い項目に色を付けています。

 証券会社  月間平均残高  ポイント 備考 外貨MMF
1千万円
未満
 1千万円以上
 SBI証券 0.10% 0.20% SBIポイントインデックスe,SMT,eMAXIS等全て対象  対象外
 マネックス証券 0.08% 0.08% マネックスポイントeMAXIS,ニッセイ日経225は対象外。インデックスeは取扱無  対象
 楽天証券  0.048%0.048%楽天スーパーポイントインデックスe,SMT,eMAXIS等全て対象 対象外 




対象投資信託の月間平均保有額が1,000万円未満時:年率0.1%のSBIポイント
対象投資信託の月間平均保有額が1,000万円以上時:年率0.2%のSBIポイント
がもらえます。

SBI証券の円MMFや外貨MMFは対象外ですが、低コストの SMT、eMAXIS、CMAM、Funds-i インデックスファンド ももちろん対象です。

SBIポイントは、Suicaポイントやnanacoポイント、yahooポイントなどに等価交換できます。
また、住信SBIネット銀行に85%の換金比率で現金交換もできます。

私は、Suicaを利用しているので、1000ポイント以上たまると、券売機でSuicaにチャージしています。





月中平均残高の0.08%分の1/12を毎月マネックスポイント(1ポイント=5円)としてもらえます。
年間換算では、年率0.08%分のポイントが還元されます。

円MMFの他、eMAXISインデックスシリーズ , 日経平均インデックスにはコスト最安のニッセイ日経225インデックスはポイントサービスの対象外です。

また、私がイチオシのインデックスeシリーズ(旧CMAMインデックスe) をそもそもマネックス証券で取り扱われていないのも痛いです。




楽天銀行と楽天証券の口座連携サービス「マネーブリッジ」および、「楽天銀行ハッピープログラム」に登録している場合、投資信託の残高10万円ごとに毎月4ポイント(4円分)がもらえます。(年率0.048%相当

上記ハッピープログラムを利用していない場合、代わりに、資産形成ポイントとして残高に応じて以下のポイントが貰えます。

50万円以上~200万円未満:50ポイント
200万円以上~400万円未満:100ポイント
400万円以上~600万円未満:150ポイント
600万円以上~800万円未満:200ポイント
800万円以上~1000万円未満:300ポイント
1000万円以上~2000万円未満:500ポイント
2000万円以上:1000ポイント

残高によっては、資産形成ポイントの方が有利になる場合もあります。
SBI証券やマネックス証券よりポイントが貰える率は低いです。

SBI証券同様、低コストインデックスファンドも全てポイントサービスの対象です。




ポイント還元は圧倒的にSBI証券が有利

現時点では、圧倒的にSBI証券が一番条件が良いので、私もSBI証券をメインにしています。

吊られた男さんも同じ理由でSBI証券で投資信託を購入されています。
 SBI証券で投資信託を買うとポイントがお得 | 吊られた男の投資ブログ (一般人の投資生活)


投資信託購入資金も、待機中も金利の良い(年0.12%) SBIハイブリッド預金 で運用できます。

残高が1千万円以下の場合も、年0.1%分の還元(1千万円以上は年0.2%)なので、実質的に信託報酬が安くなっていることと同等です。

SBI証券でファンドを購入すると、下記の各ファンドの実質コストから、0.1%が引かれるだけでも低コスト化の影響は大きいです。

 SMT、eMAXIS、CMAM、Funds-i インデックスファンド実質コスト比較 (2012年6月更新)

関連記事

 [2012.12.11追記] 実質コスト比較表を最新版に更新しました。
 低コストインデックスファンド6種の実質コスト比較 (2012年12月)



ただ、ポイント還元サービスは証券会社の販売促進なので、今後変更の可能性はあります。
(クレジットカードのポイント還元率に似ています)

その時々に応じて、一番還元率の高い証券会社で購入するようにすればよいだけです。

同じ投資対象に投資する投資信託の信託報酬を0.1%以内で細かく比較するのと同じように、現時点では、確実に最も条件が良いSBI証券をメイン証券として利用し、ポイント還元を受けるようにしています。


SBI証券は以下より資料請求・口座開設できます。
 SBI証券



関連記事

 [2015.11.17追記]
 ニッセイ外国株式インデックスファンド等超低コスト3ファンドがSBI証券のポイント付与対象外へ
関連記事



【theme : 投資信託
【genre : 株式・投資・マネー

tag : SBI証券 投信マイレージサービス ポイント還元

⇒comment

Secret

参考になります

なるほどですね。参考になります。
自分はSBIにも口座がありますが楽天にてインデックスファンド保有しています。
単に楽天カードを持っていたので統一したほうがいいかなと思っていました。
楽天をSBIに移す妙案はありませんか?
そのまま移すと手数料かかりますよね。
それかどこかで売却して買いなおすしかないんでしょうか?

>ぽるぽるさん
楽天証券からSBI証券への投信移管は手数料がかかるので、キャンペーンでもない限り移すのは得策ではないですね。
今後の新規購入分をSBI証券で購入するというのでいかかでしょうか?
楽天証券での保有分はそのまま売却せずに持っておいてOKかと思います。
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly


【メディア掲載履歴】
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較