Top Page > セミナー > モーニングスター海外ETFセミナー第3部 投資家のETF活用術

モーニングスター海外ETFセミナー第3部 投資家のETF活用術

第3部パネルディスカッション「個人投資家のETF活用術を考える」

モーニングスター海外ETFセミナー 第1部基調講演のレポート
モーニングスター海外ETFセミナー第2部 ファンドの種類を整理
の続きです。

第3部は「個人投資家のETF活用術を考える」と題して、マネックス証券の広木 隆さんと楽天証券の新井 党さんのパネルディスカッションでした。



第3部 パネルディスカッション 「個人投資家のETF活用術を考える」

〈パネリスト〉 マネックス証券株式会社 チーフ・ストラテジスト 広木 隆 氏
        楽天証券株式会社 マーケティング本部副本部長 新井 党 氏

〈モデレーター〉モーニングスター株式会社 代表取締役社長 朝倉 智也氏


最近の海外ETFの売買高上位銘柄は?(朝倉さん)

楽天証券の場合、2009年4月~9月は、1位がiシェアーズ MSCI エマージング・マーケット・インデックス・ファンド (EEM)、2位が バンガード・MSCI・エマージング・マーケッツETF(VWO)

2012年4月~9月は、1位がSPDR GOLD Shares(GLD)、2位はVWO

低コストで投資できる新興国株式ETFが人気 (新井さん)



インデックス投資をどう思うか?(朝倉さん)

  • コスト高のアクティブファンドは低コストのインデックスファンドに勝つことは難しい。
    勝てるアクティブファンドを事前に選ぶことはできないことから、低コストの海外ETFを使ってインデックス投資を行うことは理にかなっている(新井さん)

  • 最近の研究では、時価総額比指数はリスクリターン比が優れているとは限らないと言われている。
    インデックスへの投資だけでなく、小型株や割安株にも投資することでリターンは指数を上回ることができる(広木氏)

  • 単純な時価総額比指数を上回る成績をめざして、過去にインテリジェントインデックス連動ファンドを作った。
    しかし運用成績が悪く途中償還されている。
    時価総額比指数連動に比べ、コストがかかりすぎたのが原因

    コストが低く、シンプルなインデックスファンドやETFがわかりやすく、ツールとして優れている。(新井氏)

  • コストは大変重要。バンガード社のようにアクティブファンドであっても十分低コストであれば価値があると思う。
    大事なことはアクティブかインデックスかではなく、コストが安いことが投資リターンに大きく影響を与える。

    株式や債券だけでなく、不動産、コモディティ、新興国小型株にもコストを抑えて投資できるのが海外ETFの魅力(朝倉さん)




個人投資家のETF利用方法は?(朝倉さん)

米国ではETFは短期売買が主流。ブルベア型、インバース型のETFの登場で韓国では残高が増大した(広木氏)

長期投資は、長期にホールドすることではない。
長期に運用を続けられるようにするのが真の長期投資。
ブルベア型やインバース型、VIX短期先物指数(1552) などのETFも活用することが進んだ投資である。(広木氏)




まとめ

低コストで投資ツールとして優れているETFは、販売側にとってはあまり購入されてもうれしくない商品である。
逆に、個人投資家には有利な商品であると言える。
ぜひ、みなさんもETFの活用を検討して欲しい(朝倉さん)




第3部 所感

個人投資家向けポートフォリオ例が説明されましたが、特に目新しい資産配分ではなく面白みに欠けました。

この第3部はとにかく数多くのETFを購入させ、短期売買させようとするポジショントークが目立ち、途中からあまり話を聞いていません。

「ブルベア型やインバース型、VIX短期先物指数(1552)を活用することが真の長期投資」というくだりは、正直なんだかなという印象でした。


「インデックスへの投資だけでなく、小型株や割安株にも投資することでリターンは指数を上回ることができる」
という主張についてですが、投資対象が異なるので同じ土俵でリターンを比べてはいけません。
インデックスファンドは、だからダメだとの理屈には繋がりませんので注意が必要です。

小型株効果を狙う手法もありですが、当然リスクも増大します。

小型株や割安株に投資したければ、それらのインデックスファンドに投資すれば良いだけです。
それらを対象にしたファンドのコストは高めになるのが一般的ですので小型株効果の恩恵を受けられるかは微妙です。



低コストが重要との朝倉さんの主張は完全同意

朝倉さんは第1部に続き、第3部でも繰り返し、低コストの重要性を主張されていました。
この点は完全同意です。

本セミナーでは、海外ETF1銘柄につきどのくらい手数料がかかるのかは全く語られることがありませんでした。
実際は手数料が一定額かかるため、まとまった金額(ざっと100万円以上)で購入しないと手数料負けします。

多数の銘柄をすこしずつ購入すると、楽天証券やマネックス証券に入る手数料は多くなります。
海外ETFの信託報酬の低さを打ち消してしまうことになりますので注意が必要です。


本セミナーでは朝倉さんの著書「低迷相場でも負けない資産運用の新セオリー」をもらいました。
読みましたら、レビュー記事を書きます。




関連記事

 [2013.01.17追記] セミナー動画がUPされています。
 モーニングスターETFカンファレンス2012 セミナー動画が公開



記事更新をお知らせできるRSS情報を、お使いのRSSリーダーに登録いただけるとうれしいです。
以下から簡単に登録できます。

RSS新着情報


Facebookでも記事更新をお知らせしています。
 インデックス投資日記@川崎 Facebookページ
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : モーニングスターETFカンファレンス2012 海外ETF

⇒comment

Secret

No title

これはファーマ=フレンチの3ファクターモデルの話ですね。
小型株リスクプレミアムを狙うのならば、例えば、SCHAがありコストは年0.10%です。
http://www.schwab.com/public/schwab/investing/accounts_products/investment/etfs/schwab_etfs
ここまでくれば、長期で運用する分にはコスト的には問題ないと思います。

割安株については市場によると見ています、例えば効率的とは言えない日本株では有効だと考えています。
割安株については、リスクプレミアムが付く理由があまりよく分かっていないようです。
市場によっては、グロース株と大差がない市場もあるそうです。

ファーマ=フレンチの3ファクターモデルも最近はこれにモメンタムを加えたモデルも登場しており、そのモデルを使った運用に合理性があるのかどうかは賛否両論で、運用者の考え次第になっています。
現実的にはファーマ=フレンチの3ファクターモデルを使った運用をする機関投資家が増えているそうです。
個人レベルでも使い易いモデルですが、現時点では海外のネット証券に口座が無いとツールが無い問題があります。

>タカちゃんさん
はい、ファーマ=フレンチの3ファクターモデルのお話しです。
それを実現するためのコストがまだかかりすぎます。

効率的でない市場=平均より上の成績を出せるわけではない のでオーバーコンフィデンスに陥らないよう注意が必要と考えています。

プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのケンズ (kenz)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterRSS

follow us in feedly



【メディア掲載履歴】
・【完全ガイドシリーズ255】投資信託完全ガイド
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 夏号
・ダイヤモンド・ザイ 2019年7月号
・ほったらかし投資完全ガイド 最新版
・ITmedia 個人投資家列伝
・Yen SPA! (エンスパ) 2019年 冬号
・株&投資信託大全
・投資信託完全ガイド
・日経ヴェリタス 2018年6月3日号
・日本経済新聞電子版 投信コラム
・「ほったらかし投資完全ガイド」
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較