Top Page > ベンチマーク推移 > 各7資産クラスの2005年-2012年の年間パフォーマンスの確認

各7資産クラスの2005年-2012年の年間パフォーマンスの確認

ルーレット
Wheel of fortune / Zdenko Zivkovic


日興アセットマネジメントのコラムに 2012年度分を含む主要資産の年間パフォーマンスが掲載されていました。
過去記事 各資産クラスの年間パフォーマンス のデータを更新し、今後の投資に必要なことを確認します。



主要資産の年間パフォーマンス(2005年から2012年)

 日興アセットマネジメント 過去の好パフォーマンス資産から考える (PDF)


主要資産の年間パフォーマンス(2005年から2012年)


2012年は主要資産の全てが総じて好調なパフォーマンスとなりました。


海外REITの+40.9%を筆頭に、新興国株式+33.8%、日本REIT+33.6%と年後半に円安株高に触れたこともあり、全資産クラスが好調なパフォーマンスとなりました。

私の含み益、資産総額も過去最高になり、昨年度はリスク資産を持っていた方は報われた年になりました。




運用成果を向上させるためには分散投資が重要

過去の主要資産の年間パフォーマンスの推移を見ると。パフォーマンスの良い資産は一定ではなく、また、各資産の騰落には法則性もみられません。

そのため、中長期において運用成果を向上させるためには、好パフォーマンスをあげる資産を当てることに重きを置くのではなく、個人のリスク許容度に合わせて、国内外の幅広い資産に分散投資を行うことが大変重要といえそうです。


長期投資の過程において、上昇局面も下落局面も必ずやってきます。
表にある2008年のリーマンショック時のように、軒並みマイナス50%以上の下げ幅になることもあります。
(今後もあの程度の下げは必ずやってきます)

本人のリスク許容度を超えた損失に耐えきれず、投資をやめてしまうことが運用で一番やってはいけないことです。
集中投資をして大儲けすることが目的ではありません。

市場から撤退することなく、投資を継続するためには、幅広い資産クラスに徹底的な分散投資を行うことが必須です。
この表には載っていない日本債券クラスにも、他資産クラスとの相関の低さを考えると投資していくことが必要と考えます。




低コスト運用も重要

この表のリターンは、純粋に指数のものなのでコスト分マイナスになることを考慮していません。
来年以降、どの資産クラスが好パフォーマンスになるかはわかりませんが、コストは投資家側でコントロールできます。

徹底的にこだわって低コスト(低い手数料)の投資を心がけるべきです。

リスクなしで販売側は手数料を得られますが、リスクを取るのは投資家自身です。
「高コストでも良い成績だったらいくら信託報酬が高くても良い」などという金融機関サイド側に都合の良いトークに騙されないようにしましょう。


関連記事

 低コストインデックスファンド6種の実質コスト比較 (2012年12月)
 8資産クラスの年間収益率 (2006-2011年)| 投資に必要なこと

 [2014.02.17追記]
 主要資産の年間パフォーマンス(2006年-2013年)から考えること

 [2015.02.18追記]
 国際分散投資の重要性を主要7資産の過去8年間のリターン比較から再確認

 [2016.01.20追記]
 主要7資産の過去8年間の年間パフォーマンスからわかる国際分散投資の重要性
関連記事



【theme : インデックス投資
【genre : 株式・投資・マネー

tag : 分散投資 低コスト運用

⇒comment

Secret

No title

こうして眺めてみると、どのアセットも過激な値動きをしている事が良く分かりますね。

>Kapokさん
この表にない日本債券クラス以外は値動きは大きいですね。
だからこそ分散投資が必要だと思っています。
プロフィール

kenz

Author:kenz
川崎在住の40代サラリーマンのkenz (けんず)です。
妻(専業主婦)と二人です。2007年からはじめたインデックス投資の日々を記録します。

FacebooktwitterGooglePlusRSS

follow us in feedly


【メディア掲載履歴】
・東証 マネ部!にインデックス投資手法と投資に対する考え方の記事が掲載”
・「東証 マネ部!」と「webR25」初心者にオススメの投資先”
・東証 マネ部! 人気投資ブロガーが推奨する“初心者向け投資法”
・BIG tomorrow2016年12月号増刊
・BIG tomorrowマネー2016年10月号
・ビッグトゥモロウ2016年8月号
・日経ヴェリタス 2016年2月14日号
・ザイ・オンライン2016年1月13日
・Yen SPA! (エンスパ) 2016年 冬号
・日経ヴェリタス2015年11月15日号
・週間SPA!(スパ!) 2015年10/27号
・日経ヴェリタス2015年4月5日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2015年 冬号
・日経ヴェリタス2014年7月6日号
・Yen SPA! (エンスパ) 2014年 夏号
・Yen SPA! (エンスパ) 2013年 夏号
・日経ヴェリタス2012年6月24日号
・日経ヴェリタス2012年4月29日号
・ネットマネー2012年6月号
・読売新聞2012年1月5日朝刊
・ビッグトゥモロウ11年12月号
・『THE21』2011年10月号
・Yen SPA (エンスパ)2011年夏号


【リンク】
当ブログはリンクフリーです。どの記事もご自由にリンク下さい。

メール(管理人への連絡はこちら)

クリックでメールフォームを表示

カテゴリ


最新記事
検索 (ブログ or Web内)
カスタム検索
スポンサーリンク
カウンター
注意事項
最終的な投資判断については自己責任でお願いいたします。未来は予見できないため、当ブログ内の情報により被った損害について一切の責任を負いかねます。
スポンサー リンク
Facebook
月次ページランキング
ブログパーツ
はてなブックマーク
月別アーカイブ
逆アクセスランキング



他の多くのお役立ち投資関連ブログは以下からどうぞ。
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
厳選相互リンク
fx 比較